fc2ブログ

背骨が曲がると


たまに整体のこと書いてて以前にも簡単に書いたことあったんだけど、今日はもうちょっと詳しく書いてみます。



脊髄(背骨)の中に自律神経(Wikipediaにリンク貼ったけど、読んでもなかなか理解しにくいかな?)という神経が通っているんだけど、この自律神経には交感神経と副交感神経というがあり柱の神経なんだけどそこから脳ともつながり、脊髄の中から各内臓へ細かい神経がでています。



何番の(どの)骨が曲がっているかによって、どの内臓が不調か違ってくるのです。



どこがどの臓器に対応しているかは、解剖学の本とかみるとみつけられると思います。



交感神経というのは、活動しているときに優位になるもので副交感神経は寝ているときなどリラックスモードのとき優位になるものです。



通常この二つの神経が波上で交差しながらどちらかが優位になるんだけど、ストレスが多くなるとこの活動がうまくいかなくなり自律神経が乱れてきちゃってカラダやココロにいろ~んな影響がでてきてしまうのです。



アトピーというのは、副腎という臓器と関係があり病院で処方されるステロイドを使い続けると自分でステロイドを分泌できなくなるらしいのです。



自律神経という言葉はよく聞くけど、なんだかよくわかりにくいものだしそれがいろんなものをコントロールしている大切な部分というのもわかりにくいですね。



これがまた脳とも関係あったりかなり複雑だぁ~



アロマって脳をダイレクトに作用してくれるものなので、その自律神経をコントロールできる優れものなのです。



脳の中にもこれまたなんだかいろんな機能を持ったやつらがいろいろいるんだけど、ここで並べてもきっとわけわからなくなっちゃうと思うからそういう作用があるんだということだけでも頭にいれておいてくださいね。



深い呼吸は脳と関係があります。



セロトニンという脳全体に大きな影響を与える神経伝達物質があるんだけど、このセロトニンが不足しちゃうと「朝の目覚めが悪い、物事に集中できない、ストレスを感じている、ついつい食べ過ぎてしまう、うつ病、パニック障害、過食症」などの症状がでてしまうことがあるらしいのです。



このセロトニンを分泌させるために深い呼吸をするといいらしいです。



先日マタニティヨガの講座でお話聞きした有田 秀穂さんという方が研究されています。



お日さまセラピー セロトニン生活のすすめ







セロトニンに関することまだまとめてなかったので近日中にUPしまーす!



自分の背骨が曲がっているかどうかって整体とか行ったことないとわからないよね?



ヨガとかでどちらかに傾いたり、自分のやりやすい方とやりにくい方とあると思うんだけどそれはたぶん曲がってますね。



整体へ1回行ったから治るというものではなくて、行ったときはとりあえず戻るけど普段の生活を自分で気をつけながらヨガをしてキープしないとなのです。



生活を気をつけるというのは、食事や足を組んでしまったり歩き方など癖を正すというのかな?



常にカラダと対話しながらカラダと生活を変えて行くっていうのかなぁ?



疲れていたらカラダを休めたりもしないといけないですね。



というわけで、背骨って大切なものなんですねぇ~
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント