fc2ブログ

あれから1年


今日は、ママの命日☆



1年前の今日は、日曜日だった。



シカゴに住むマレーシア人の友だちがマレーシアへ行く途中に

2泊だけ日本に寄るから食事しようと約束をしてました。



日中は、ママのところへ行っていたんだけど

そのときまだ一人で歩けたし顔色もよくいつもと同じように

笑顔でバイバ~イとエレベーターまで見送りにきてくれた。



夕方成田まで友だちピックアップしにクルマで向ったんだけど、

湾岸へ出たときになんか胸騒ぎがしてました。



渋滞もなくすんなり成田へ到着し、出てくるのを待っていると

偶然他の友だちが帰国して出てきたので話をしているとパパからの電話。



友だちを待たず、病院へ向かった。

夕方で混んでると思ったらすんなり渋滞なしにたどりつけた。

こういうときって、スムーズに行けるようになってるみたいなんだよね!



同じようにお母さんを亡くした友だちも、

連絡を受けたとき何がなんだかわからなくなっていたんだけど

気がついたらその場についていて、普段よりもぜんぜん短い時間でたどりついてたんだって。



こういうときって、神様がちゃんと早く会えるようしてくれるのかなぁ?って。



到着したときには、先生が心臓マッサージをしてくれてたけど意識はなく、

パパが到着してからしばらくして、先生とパパは目で確認しあい先生は出て行きました。



うちは葬儀屋なので、早く楽にしてあげようとパパ自らくだをはずしてました。



廊下では、仲良くしていたほかの患者さんや家族が待っていてくれて

突然、苦しいと言って他のところへ運ばれたままだったのでとても驚いてました。



なかなかみんなそのときの状況って聞きにくいだろうから書いてみました。



よくママのことを知っている友だちは、みんな”ママらしいよね!”と。



苦しんだ姿をだれにも見せず、

病院にきてくれてた人たちには見送ったときの元気な笑顔を最後にね。



おばあちゃんになることが想像できなかったママ。

いつまでも56才のままだもんねぇ~☆



この写真は、2003年の夏。



私はこの写真をお葬式で使いたかったのに、

パパや男性の意見でもう一枚のほうがいいとそっちを使われちゃったの。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Unknown

うちもおばあちゃんが亡くなってから、

もうすぐ1年が経ちます。



すごくすごく大好きだった人なので、

いまだに気持ちが吹っ切れません。

思い出すと涙が溢れてきちゃってます・・・。



でも、

そんな僕の姿を見たいとは思っていないだろうから、

今を精一杯生きようと思います。

Unknown

私が33歳の時、ママは57歳でなくなりました。。。

いくつになってもママが恋しい。。。

だからかなぁ、しょっちゅう夢の中に降りてくる。。。

毎晩、「産んでくれてありがとう~。」と感謝して眠りについてます。

夢でも会えるとうれしいねぇ♪

Unknown

>Hirotoさん

ずっとそばにいてくれてるもんねぇ~。

きっとまたいつかどこかで会える!



>るるさん

私はまだ夢に出てこないんですよぉー。

って、夢をほとんどみないからぁ~。



>メールをくれたみなさん

ありがとう☆

話をしてた通りだったぁ?

そっくりでしょ(笑)。