fc2ブログ

エサレン パートII


先日逗子でエサレンをやっていただいた方から紹介されて金町まで行ってきた。

というのは、友だちがパニック障害になってしまったのでその子にどうしても受けてほしかったから。



その方は、4月にトレーニングをエサレンのトレーニングを受けに行ってきた方で30人のレポートを提出しないとならないらしくフリーでやっていただいた。またトレーニング中とは思えない手つきで、先日受けたものとは違った感じを受けた。エサレンというのは、そのときのその人に必要なところへ手が動いていくらしく、前回と同じにしてくださいと言ってできるものではないらしいのです。



最近代謝がすごくいい私は、すぐに汗をかき、内臓もぐるぐると動き出した。頭をやってもらっていたときに熟睡してしまったらしく顔をやってもらっていた記憶がなかった。



エサレンは最後にシーツで全身を包んでくれるのだけどこれがなんとも言えない安心感というのかな?あたたかく包まれた感じが心の中に感じられる。



前回は始めてで知識がなかったけど、今回は少し勉強したのでいろいろと感じることができた。

友だちを待っている間エサレンで実際行われているマッサージのビデオを見ていたのだけど、それを見ているだけでゆったりした気分になれる。



友だちはすっかり癒され、行く前と顔が変わっていた。



早くトレーニング受けに行きたいなぁ~
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

どうもありがとうございます

Yukaさん、こんにちわ(^^)



アメリカから帰ってきました。2度めのエサレンは最初と同じく心地よく、温かく迎えられ、幸せでゆったりとした時間を過ごすことができました。今回のクラスは短く、日本人は私ひとりだけでしたが、講師、受講生、すべての人たちがとても優しく言葉が不案内な私を一生懸命カバーしてくれました。エサレンは本当にいいところです。人間としての学びもたくさんあります。



mixiからジャンプしてここへ来ました。綺麗なページだなぁとスクロールしていったらなんと私のセッションに来てくださったときのことを書いてくださっているページがあるではないですか。どうもありがとうございます。ともかく、気持ちよく帰っていただけることが何よりですので。



お陰さまで、認定をいただきました。そこに表記されているワーク時間は最高の250時間。頑張ったなぁとちょびっと嬉しい気持ちになりました。もし、アメリカ人だったらそこにプラス50時間のカレッジでのアナトミーを足して合計300時間の認定書、なんていう輝かしいものにできるのでしょうけど、まあ、それはそれ。時間数が多いからといってもまだまだ未知の世界であることは確か。人の体を通して心をほぐすお手伝いができるこの仕事を誇りをもってしていきたいと思っています。



書いていただいたことに気付くのが遅れてごめんなさい。遠いところ来ていただいて、本当にありがとうございます。



今回の旅では、出張用セカンドテーブルを購入しました。持って歩くにはちょっとでかすぎますが、フットワークはよくなるでしょう。お誕生日プレゼントに出張マッサージ、なんてのも新しいかも、なんて(^^)。喜んでいただくためのアイディアは尽きません。



今後ともよろしくお願いいたします。