fc2ブログ

神在月


僕の生まれた場所へ行こう

なんにもない田舎だけど



僕の育って場所へ行こう

君に出会うまでの僕がいる



二人で初めての僕にとっても久しぶりのふるさと



優しく心地よい風が吹いた



きれいな、きれいな、きれいな紅葉色



しずかな、しずかな、しずかな宍道湖に

ゆらゆら、ゆらゆら、ゆらゆら揺れている



重なる二人の影も揺れている



出雲大社の縁結びのお守りが欲しいの つぶやく君





あれは相手がいない人のためのものじゃないの? つぶやく



違うの あなたとわたしの縁がずっとそうずっと

途切れないように神様にお願いするの



ちいさな、ちいさな、ちいさな君の手と

おおきな、おおきな、おおきな僕の手が

からから、からから、からから鈴鳴らし

重なる二人の想いが響いてる



帰り道のイチョウの木も 運動場の声も



あの頃と変わらず 秋色を増す神在月 君と迎えた神在月



きれいな、きれいな、きれいなアキアゲハ



しずかに、しずかに、しずかに羽広げ



ひらひら、ひらひら、ひらひら空を舞う

美しきふるさと秋景色



(時を越えて語り継がれた神話のように 二人が紡ぐ物語も)



遠く永く続きますように



重なる二人の願いが届きますように

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント