FC2ブログ

『PaPa Noel』@由比ガ浜


絵描きの友だちから久々に連絡があったので食事に行ってきました。『PaPa Noel』お互い鎌倉で行ってみたいと思っててまだ行っていなかった週末は、予約しないと席数が少ないので入れないことが多いらしいのだけど平日だったので他にだれもいなかったので大丈夫だった。



コースをオーダーしたのだけど、オードブル、お魚、お肉、デザート、飲み物と出てきて3990円とお手ごろな価格。お野菜は鎌倉野菜を使用しているのでとてもおいしかった。お肉はちと味が濃かったかな?と思うけどおいしかった。デザートは3品少しずつ出てきてちょうどよいバランスでした。
スポンサーサイト



七沢荘とZUND-BAR@七沢


何人かの友だちから話を聞いていた厚木にある七沢荘へ行ってきた。



朝風呂しようと思っていたのだけど、友だちと時間が合わず到着したのがお昼だったので

ZUND-BARでお昼を食べた。夏季限定のナス冷麺だったかな?周りは他に何もないところなのに、すでに10組くらい待っていた。



お腹がいっぱいになったところで、七沢荘へ。

いろんな置物やらなん不思議なところなんだけど、とにかくお湯がよくてつるつるになると聞いていたので、ちょっとワクワクしながら入ってみた。従業員の方々の対応がとてもよく入り口から気持ちよかった。お風呂の入り口へ行くまで置きものやら、宇宙のパワーをもらえるという不思議な機械やらあって縄文式整体の案内には、『素直な人のために自然治癒力を高めます』というようなことが書いてあったのだけど、心と体のつながりについて勉強した私は、とてもその言葉に共感できた。

前日にマッサージしてもらったばかりだったので、受けなかったけどその縄文式気功はとてもいたいらしいがすごくいいらしい。



お風呂は4つくらいあったかな?どれも岩がばらばらで自然な感じにつくられている。

ちょっと足元が不安定なので危険かなという感じがしたけど、とにかくお湯は入った瞬間につるっとする。今までには入ったことのないお湯だった。リハビリセンターもあることから、場がいいらしい。すごいパワーを感じられる場所でした。



ちょっと人が多すぎてあまり落ち着けなかったので、次回は平日の夜にでものんびり行ってみようかなぁと思ってます。

エサレン パートII


先日逗子でエサレンをやっていただいた方から紹介されて金町まで行ってきた。

というのは、友だちがパニック障害になってしまったのでその子にどうしても受けてほしかったから。



その方は、4月にトレーニングをエサレンのトレーニングを受けに行ってきた方で30人のレポートを提出しないとならないらしくフリーでやっていただいた。またトレーニング中とは思えない手つきで、先日受けたものとは違った感じを受けた。エサレンというのは、そのときのその人に必要なところへ手が動いていくらしく、前回と同じにしてくださいと言ってできるものではないらしいのです。



最近代謝がすごくいい私は、すぐに汗をかき、内臓もぐるぐると動き出した。頭をやってもらっていたときに熟睡してしまったらしく顔をやってもらっていた記憶がなかった。



エサレンは最後にシーツで全身を包んでくれるのだけどこれがなんとも言えない安心感というのかな?あたたかく包まれた感じが心の中に感じられる。



前回は始めてで知識がなかったけど、今回は少し勉強したのでいろいろと感じることができた。

友だちを待っている間エサレンで実際行われているマッサージのビデオを見ていたのだけど、それを見ているだけでゆったりした気分になれる。



友だちはすっかり癒され、行く前と顔が変わっていた。



早くトレーニング受けに行きたいなぁ~

鰻 ひろ瀬@本厚木


本厚木にあるひろ瀬といううなぎ屋さんへ行ってきた。



ここ数年うなぎというものを食べに行ってなかった。

特に好きというわけではないので、好んで行くということがなかったからなんだけど

急遽、この店に行くことが決まっていた友達と食事することになったのでうなぎを食べに行くことになった。



うなぎ屋さんというとうなぎしかないイメージだったのだけど、ここのお店はうなぎといってもいろいろアレンジされたものがあってメニューを決めるのに迷ってしまったが、4人だったのだけど5品オーダーしてみんなであちこち手をつけた。



オーダーしたものは、

・うな重

・白焼きでご飯にわさびがついているもの

・雑炊

・鉄鍋に入っていておこげができて石焼ビビンバのようなものにお出しもついてくるのでお茶漬けっぽくも食べられる

・どんぶりでガーリックスライスをあげたものとねぎがたくさんのったもの

でした。



ちかじか「週刊アサヒ芸能」の麺とどんぶりの対決ページに出るようです。

リストランテ・ヒロ マーレ@小田原


友だちが仲良くしているご夫婦がやっている、小田原の漁港の前にあるリストランテ・ヒロ マーレへ連れて行ってもらってきた。



会社帰りに品川から東海道線に乗り1時間ちょっと。

新幹線に乗れば30分だったけど、ちと大げさかな?と思ったので。



店内は白くてとても明るいイメージ。

入り口にはとてもきれいなお花が飾ってあってとても引き立っていた。



ここはお魚がメインのイタリアン。

お料理は全部で8品くらい出てきたかな?

パスタは3種類でたんだけど、その中でもウニのパスタは特別だった。

普段ウニが苦手な私なのだけど、そこで使っているウニは、海水ウニという普通は板にのって売っているのに海水に入って売っているものらしい。それも普通はクリームでのばしてあるのに、ウニのみ。



お魚料理も2品出てきたのだけど、お肉がないからヘビーにならずおいしく最後までいただくことができた。

パンが二種類でてきたのだけど、両方とも自家製でフォカッチャがフカフカで少しモチっとしてて他では食べたことのない食感だった。おかわりできるのだけど、注意しないとそれだけでお腹がいっぱいになっちゃいます!



他には、生のベビーコーンを初めて食べた。

皮ごとでてきてひげもいっしょに塩をつけて食べたんだけど、やわらかくてとってもおいしかった。



ワインもお料理に合わせて出てきます。といっても私はほとんど飲めないので最初スパークリングと白ちょこっと口にしただけでしたが、オーナーの奥様がソムリエなのでおまかせすればお料理に合ったものを用意してくれます。



デザートも2品出て、こんなにいっぱい食べたの?と思うのだけど、やっぱりお肉がないからヘビーじゃなかったのかな?



他のお客さまがいなくなったので、オーナー夫婦も会話にまざってとっても楽しい時間をすごすことができました。

ちゃんこ料理@人形町


パパのお友だちが明治座で菊川怜主演の山本周五郎原作『五瓣の椿』という舞台に出演しているのでパパが見に行っていたので、私は仕事帰りに合流しその女優さんといっしょにちゃんこなべを食べに行ってきました。



人形町にある『ふじ井』という井筒部屋関係の人がやっているお店。

といっても、まったく相撲に興味のない私はぜんぜんわからないんだけどね。



ちゃんこ鍋というものは、はじめてだったのだけどそれ以外のメニューもおいしかった。

和風コロッケというのが、その女優さんおすすめでホタテの殻が器になっていて殻全体に中身が入っててそれごと揚げてある。すごいおいしかった!

その女優さんはとっても気さくな方で、話がとっても楽しかった。

7月に鎌倉で飲み屋をはじめるらしいです。

Shopping@青山


普段都内へ出ることがほとんどない妹分のハルカとお買い物。

ハルカと買い物へ行くと二人で試着しまくって

あーだ、こーだと言い合い、店員さんまでまきこんでしまうのだ。



この日は、カナダ発のヨガウエアので今人気のあるルルレモンへ。



最近私がハルカをヨガの世界へ連れこんだので、まずはウエア探し。

私がヨガを初めて1年くらいになるけど、ここのウエアはフィット感がとてもいいのでお気に入り。

ヒップハングだと動いているうちに落ちることが多いのに、ここのは落ちることがない。



日本のショップへ行ったのは初めてだったのだけど、すごい人気らしく商品の回転がとても速いらしくサイズがないものが多かった。ヨガマットも売り切れらしくなかった。



二人で散々試着しまくって1時間は経ってたかな?



その後、パタゴニアへ。

鎌倉にあるっていうのに、品揃えが違うからちょっとみてみようということで顔を出したら鎌倉にいた人が移動になっていて渋谷店にいたのでまたまたそこで話し込み、試着しまくりあっという間に時間がたっていた。



夕食は、恵比寿のパルテノペで、ピザとパスタ&デザートまで食べとっても充実した一日でした。



この写真はパルテノペで出てきたカプチーノです。

ブラッセリー・ル・コルドン・ブルー@御殿山


ひさびさのいとことのお食事。

なぜか、いとこと食事へ行くときは、だいたいどこかコース料理のあるお店が多い。

普段行く習慣がないから、そういう流れになっているのがいいのかも?



2年ぶりくらいだったのかな?

今回は、最近いとこがお気に入り?の

御殿山にあるブラッセリー・ル・コルドン・ブルーへ行ってきた。



品川の駅から少し離れているので、とても静かで落ち着けるところだった。

写真を撮り忘れてしまったので、メニューは忘れちゃった。



デザートは食べ放題だったので、

何種類かのケーキとピスタチオのアイスクリームを食べた。



横にパン屋さんがあるので買おうと思っていたのだけど、

21時まで閉まってしまうので買えなかった。



思ったよりも緊張感なしにリラックスして食事のできるところでした。



エサレンとアーユルヴェーダ


先日二週続けて、エサレンとアーユルヴェーダというマッサージをそれぞれ受けてきました。

アーユルヴェーダはたぶん最近よく耳にすると思いますが、 エサレンというのは初めての方が多いのではないでしょうか?



◆アーユルヴェーダ◆

インドに古くから伝わる伝承医学です。日常生活の中で乱れたこころと体へ、薬草成分の溶け込んだオイルを使用して全身をほぐしたあと遠赤外線ドームにより発汗を促します。身体の中の毒素をおいだしバランスを取り戻していくと共に(浄化法)、病気の予防や心身の年齢 を若々しく保てるよう導いて行きます(若返り法)。薬草はインドのアーユルヴェーダ医師が調合したものを、個々の症状や体質に合わせて使用していきます。



30種類のオイルの中に薬草を3時間煮出したものを混ぜたもので全身マッサージをしてくれます。

カラダの中にたまった毒素を出すらしく、その後に温熱ドームの中に入り発汗するのです。

私は、食生活を改善し、ヨガ&整体をやっているおかげか老廃物が少ないようでカラダがやわらかいらしいのです。通常みんなマッサージをしていてひっかかりがあるらしいのだけど、それがなくオイルも入り込んで行きやすいとのこと。ブロックされている(精神的に)人は、入りにくいらしいです。



アーユルヴェーダは、その人の性格や体質等きちんと知った上で行うものでヴァータ・ピッタ・カパという3タイプに分けるらしく、いくつかの質問に答える。日本人は混合タイプが多いらしく私はカパ、ヴァータだった。



◆エサレン(R)ボディーワーク◆

米国カリフォルニア州エサレン研究所でヒューマン・ポテンシャル・ムーブメント(人間性回復運動)という環境の中で40年にわたり研究・改良・発達してきた「リラクセーションのための全身オイルマッサージです。 その独特の長いストローク、波のようなリズム、ゆったりとしたストレッチ、軽い揺らし、身体の深い部分への注目は、自分が部分からなるバラバラな存在ではなく、一つの全体的な存在であることを思い出させてくれます。



エサレンというのは、私もはじめて聞いたのだけどどんなものなのか行ってみたほうが早いと思い即予約。

施術がはじまると、すぐにリラックスしてしまい話はほとんどせずに熟睡してしまっていた。途中突然3回もセキが出て目が覚める。これは、呼吸器にたまっていた毒素がでたらしい。終わってからも30分ぐらい熟睡をしてしまっていたらしく、とにかくリラックスできてカラダがとても軽くなったし、気分も楽になった。施術後は鼻が出たり、顔に吹き出物が出たりしたのだけどこれは毒素がでてるらしい。



リラックスしたいときにはエサレン、体調不良のときにはアーユルヴェーダがいいかな?と私は感じました。

巨大 MOET&SHANDON


昨日は、6年くらい前にいっしょに仕事をしていた子の結婚承認式でした。

承認式ってなんだろう?と思ったのですが、きちんとした二次会?という感じかな。

会費制で、赤プリの40Fで18時スタート。



しばらく会っていない人たちなので、姿をみかけたときはお互いあれ~?という感じだったり、顔は覚えているけど名前がでてこない人いて声かけられず・・・今はそこの会社にいない人たちチームでいっしょにいたのだけど、そのときの会社は今働いている会社と同じビルなので、みかけたことある顔がちらほら。ちょっと同窓会みたいで楽しかった。司会は、日テレアナウンサーの馬場さんだったのでミーハーな人たちがいっしょに写真とらせてもらってる人も多かった。



お色直し後、通常ケーキカットをするところを(たぶん披露宴でやっていたので)33kgある巨大なMoetのボトルを持って登場。それを持ったまま2名のスピーチがあり、わざと長く引伸ばされていた様子(笑)。やっと終わりボトルをOPENすることになったのだけど、10人に1人ぐらいしかOPENできないと言われながら、新婦がボトルを押さえ、新郎が必死で汗だくになりコルク栓をまわしていた。みごとOPENでき、この写真はOPENできたときの様子。



最近会っていなかったけど、今までみたことのない幸せそうでとてもいい表情をしていて私もHappyな気分になりました。