FC2ブログ

sakanaya『いゆじ』@那覇市泊


沖縄初日の夜連れて行ってもらったお店は、那覇の泊にある



----------------------

sakanaya『いゆじ』

那覇市泊1-26-12

098-866-4107

----------------------



メニューをみたけど、なんだかよくわからない。



聞いたところで知らない名前のお魚なので、お任せ!



まずは友だちおすすめのざるもずく





石垣牛のカルパッチョ





いろんなお魚がはいったサラダ





なんだか名前を聞いてもわからないお魚





これなんだぅたっけなぁ~?

納豆とお刺身とかが入っててまぜてゴハンにかけて食べた。





最後にもずくが入った雑炊





3人でかなり食べましたぁ~♪



最近お腹いっぱいに食べることがないので、久々でした。



一人でも入れる感じのお店です。
スポンサーサイト



昼神温泉


朝早起きしといっても7時すぎね、9時からやってるおよりてふぁーむという農産物や加工品を一堂に集めた直売所へ行ってきました。



ちょうど時期になった桃を求めて!



あとは、ともうろこしや枝豆、おくらなどお野菜もいろいろ買い込んじゃいました。



その後、飯田から15分くらいのところにある昼神温泉郷



行きたい温泉が11時からだったので、温泉地の一番奥にある『十字屋可否茶館』という喫茶店へ行きホットケーキを食べました。



『十字屋可否茶館』

住所:長野県下伊那郡阿智村智里503-189

電話番号: 0265-43-2323







川へ降りてちょこっと水へつかってみました。







冷たくて気持ちよかったぁ~



温泉は、懐石料理の宿 『吉弥』



日帰り入浴は1500円



泊まり客がほとんどなので朝だったから露天風呂は他にだれもいなく貸切状態でした。



お昼は、昼神温泉から飯田インターへ向かいちょっと手前を左の山側をずーっと登って行くとある工房『屯(たむろ)』というおそばと家庭料理のお店へ行きました。







このお店の家具や器はすべて手作り。



お蕎麦ももちろん手打ちで、手作り黒豆豆腐もありました。







昨日のそらくぼほど山の中ではないけど、山の上にあるお店なのににぎわってました。



横須賀からのiターンのご夫婦がやっているそうです。



温泉、おいしい空気、きれいな景色、おいしいゴハン



これさえあれば、リラックスできていいねぇ~



帰りは2時ごろ出たんだけど、またまた渋滞



SAもどこも入るのにも混んでいたのでノンストップで帰ってきたんだけど途中雨すごかったから6時間かかりました。



渋滞さえなければいいのになぁ~



行きも帰りも回りの車の人たちを見て、みんなどこへ何をしに行ってるんだろうねぇ~と。



SAでそんなリサーチとかして出してくれたらおもしろいのになぁと思いました。

南信州 飯田


週末長野の南にある飯田市へ行ってきました。



中央道で諏訪で松本方面と名古屋方面と別れ、名古屋方面へ1時間くらい行ったところにあります。



GWに酒蔵へ行ったとき通過したところです。



そのときは先の恵那というインターで降りたんだけど、飯田から行ったほうが時間的に早かったみたい。



夏休みに入ったばかりなのでおもいっきり渋滞にはまり談合坂のSAまでずっと渋滞でした。



7時間かかり3時ごろ到着、まずは山道をずーっと登って行ったところにあるギャラリー&カフェ・レストラン『そらくぼ』へ行きました。



本当にここにあるの?と思いながらずーっと山道を走っていくと途中いくつか看板があるので、あっ、大丈夫だねと思います。



到着するとJazzという犬がお出迎えにきてくれます。



回りにはお花やみどりがいっぱいで、とても景色がよく空気がとてもおいしいところです。



店内は、ご主人の陶器と奥さまのガラスのアクセサリーの作品がいろいろと販売されています。



デッキのテラス席へ座りのーんびり



手作りケーキとフレッシュハーブティーをいただきました。







湿気があって冬ではないので雪もないからかアルプスの景色ははっきり見ることできなかったのですが、とても気持ちよかったです。



続いて、温泉!



飯田城温泉/三宜亭本館の天空の城



http://www.sangitei.com/



露天からは、アルプスに雪が残っていればとってもいい景色のところ



中のお風呂もガラス張りで景色が見渡せます。



夜は、天竜川の水神橋での



終わってから飯田駅近くにある風土料理のお店
『はづき』



母娘でやってい日替わり料理が食べられる。



アジの南蛮漬け、イワシのしそ巻き揚げ、お豆腐の蒲焼、はづきサラダ(ポテトを細くスライスしたものを揚げたもの)、山野菜の天ぷら、



それにいつもSAでしか食べたことなかった炭火で焼いた五平餅を食べました。







サービスでポテトボールのあんかけをだしてくれて最後には豆腐かんてんもいただきましたが、久々にたらふく食べちゃってさすがにお腹がきつかったぁ。。。



私はお酒飲めないからお水をお願いしたら、汲んできた湧き水をだしてくれました。



最後他にお客さんがいなくなってからは、お母さんがいろいろ話をしてくれて飯田は水引工芸(水引ってお祝いの袋についているやつね。)が有名でおみあげにくれました。



という感じで、1日目終了

名古屋


大阪&京都につづき名古屋も新卒のとき研修で行って15年ぶり?



そのときは名古屋の街をみる時間なかったからちゃんと行くのは初めてでした。



最近名古屋出身の友だちが多かったりで名古屋の話を聞く機会が多かったからちょっと行ってみたいなぁとちょうど思っていたのです。



お醤油よりも味噌の味つけのが好きな私。



味噌カツ、味噌煮込みうどん、味噌おでんとか食べてみたいなぁ~と思ってました。



1時間くらいで名古屋市内へ到着



お昼をちゃんと食べていなかったのでとりあえず何か食べようということで串揚げのお店へ行くことに



行く店を決めたところで連絡しそこで一人合流



栄にある『久富』という串カツとみそおでんのお店へ。



カウンターで15席くらい席につくとキャベツがばっとにでてきます。



オーダーはよくわからないのでおまかせして、まずは串かつをソースと味噌と半分づつにして、味噌おでんの盛り合わせを食べました。







このお店古くからあって、カウンターの中にはおじさんがいそうなのに若いおにーちゃんたちがみんなシェフの白衣を着てました。



その日は、合流してくれた人のお宅でお世話になっちゃいました。



そこには、お家へ行ってみるとチワワの4ヶ月と7ヶ月のBabyたちがいました!







翌朝名古屋にはたくさんの喫茶店があるのでモーニングを食べに近所にある『モンブラン』という喫茶店へ







そこはコーヒーが300円なんだけど、朝はサービスでサンドウイッチがついてくるのです。





具は炒めたキャベツとハム




雨だったので一度お家へ戻り昼はひつまぶしを大須へ食べに行くことに!



【大須】というところはアメ横みたいな感じでいろ~んなお店がいっぱいでした。







歩きながら食べたくなっちゃうものがあったり、名古屋名物のあんかけパスタがあったり初めての私はキョロキョロしてました。



アジア系の雑貨のお店やいろんな国のお店があってインターナショナルなところでしたね。



昔っぽい商店街っぽくもあり、なかなか楽しいところでした。







プラプラしているとお昼になったのでひつまぶしのお店『やっこ』







1杯目はそのまま、2杯目は薬味、3杯目はお出しでお茶漬けというのがひつまぶしの食べ方



まっ、もちろん自分の好みだけど



どれもおいしかったですねぇ~♪



うなぎってあんまり得意じゃなかったんだけど、好きになっちゃいました。



やっぱりそのままが一番だったかなぁ~?



でもって、その後またもう一人合流し『OFFICINA di CESARI』というカフェでおちゃしてました。



その後は、名古屋名物天むすを松坂屋の『千寿』(本店は大須らしい)で買い







(TB)http://nagoyalnago.blog75.fc2.com/tb.php/31-21d93be3



覚王山にある『梅花堂』というところで鬼まんじゅうを買いました。



この鬼まんじゅうは、15年以上前だったかなぁ?



知り合いがおみあげで買ってきてくれて、すごい気に入った覚えがあり以前名古屋に住んでいたママの友だちに聞いていたお店の名前を覚えていたのです。



で調べてみるとお店は17時まで



行ってみようと思ったのが16:30すぎだったので、もう売り切れちゃってるかなぁ~とダメもとで行ってみたら最後10コ残ってましたぁ~♪



買い込んだ後は帰り道、瑞穂という場所にちかじかブラジル創作料理のお店を出すという方のところへおじゃましてゴハンをご馳走になっちゃいました。







ブラジル料理というとシュラスコとかお肉というイメージがあるけど、ここのシェフは創作料理がお得意らしくまだメニューを決めいているところだったのだけどどれもおいしそうなものばかりでした。



店内も電気の傘や入り口のタイルなど手作りで、ブルーを基調として私好みのお店でした。



OPENしたらぜひ行ってみたいお店ですね☆



帰りの東名は、渋滞もなくスムーズ



途中SAでは、スタバーができているところが多かったですね。



4時間半くらいで到着し、ちとお腹が空いていたので早速天むす、鬼まんじゅう、ポンテケージョなど真夜中に食べちゃいました。



大阪では食い倒れしなかったけど、名古屋は食い倒れでした(笑)。



名古屋めしのblogを発見



といっても食べっぱなしではなかったけどね。



まだ、味噌煮込みうどん、手羽先、どてなど今回食べれなかったものがあったのでまた行きたいなぁ~

愛知の酒蔵『蓬莱泉』


みなさんもご存知の通りお酒が苦手な私



なので日本酒のことなんてなんにも知るはずもない



なのに急遽、愛知の酒蔵へ行ってきちゃいました(笑)。



地図をみてみると中央か東名どちらからもかなりの距離



とりあえず目的地はその酒蔵



それ以外何も決めず出発



中央のがアルプスをみれて景色が好きなので中央から行くことに



GWだというのに八王子インターまでも混まず、中央もどこも混んでいませんでした。





途中休憩した諏訪湖




恵那というインターで降りたんだけど、

酒蔵の地図を見るとインター降りてからすぐに見えたのに、かなりの距離ありましたね。



走りながらこっちでいいのかなぁ?とちと不安になりながら



やっと見えました。



『蓬莱泉』(ほうらいせん)という酒蔵





ここは吟醸工房




事前にWebでみたときに、いろんなことやってておもしろそうなところだなぁと思っていたのですが行ってみると観光用でキレイなところでした。



酒造りの体験もできるんだけど、事前に申込しないとだめだったのだけどとりあえず見学はできるようになってました。











ここでは、生酒の量り売りもしててすべて試飲できるようになってます。



なんだか日本酒といってもいろいろ種類があって説明聞いてもよくわからないですね(笑)。







日本酒はムリだけどおいしそうな梅酒とブルーベリー酒があったので買ってみました。



どうやら吟醸工房の他に本社蔵へ行くとまた違うものを量り売りしているということでそちらへも行ってきました。



そこへ行くまでの道のり、これまた地図上ではかなり近く感じたのだけど走ってみると山道でかなりの距離ありました。



看板はあちこちにあるんだけどなかなか出てこなくてホントにこっちでいいの?と。



でも、道は1本しかないので迷いようもない。



途中山側にクルマを止めて何かをしている人たちをみかけなんだろう?と気になり、どうやら水をくんでるようでした。



クルマを止めやすいところがあったので降りてみるとお水が汲めるようになってました。







ようやく本社蔵へ到着



ここでも2種類量り売りしてました。



途中おそばでも食べたいなぁ~と思いながら走っていたのだけど、観光地というわけではないのでなかなかパッとはいれそうな店がみつからずお昼は、持参していたおにぎりとケーキでした(笑)。



やっぱり自分のクルマだといろんなもの持って行けていいなぁ~



お水やハーブティーなども持って



本社蔵で買い終わったのは夕方



さーてこれからどうしようか?ということになったんだけど、この前からひつまぶし&味噌カツを食べたいという話をしてたので名古屋へ行くことにしちゃいました。



長野で温泉ってのもよかったんだけど、長野より名古屋のが行く機会が少ないかなぁと。