fc2ブログ

久々に食生活について


食生活について私自身安定してきているので、blogではほとんど書かなくなってしまったのですが、最近餃子問題の影響か意識を持ち出した方が多いみたいですね。



といっても、いったい何からどうやって変えていけばよいのかがわからない。



マタニティクラスの方は、市が主催する講習などで話を聞いたけどどうすればよいのかわからないと。



妊娠する前に知っておいたほうがいいことなんだけどね!



どのような指導をしているか詳しくわからないけど、妊娠中に変えると好転反応が出たときにびっくりしちゃったりしそうだから。



今まで食べてきたものがよくなかったと言われても、病気になってたわけではないからなかなか理解しにくいこと。



変えてみて変化を感じ出してからわかること



いきなり、玄米菜食にと言われてもそれはちときついですよね!



それに、自分だけならいいけど家族のいる人だと



特に添加物づけになっていた人が変えると味が薄すぎるから物足らない



それよりも、まず添加物がカラダによくないものだということを知らない、いやわからない人もいるんですよね。



どういうものが添加物なのか?



食品のパッケージの裏には必ずどんなもので作られているのかかかれている。



そこによくわからない食材が書かれています。



みんなそのよくわからないものを食べているのです。



ケミカル(人工的に作られたもの)なものがたくさん入ってます。



まずは、そのよくわからない食材が入っているものを食べない。



食品だけでなく調味料にも入っているのです。



普通のスーパーで売られているものにはほとんど入ってますね。



だからといって今使っているものをすべて買い換えるなんてことはしなくていいのですが、次買うときに自然食品のお店へ行ってみるとその違いがわかると思います。



次にみなさんが気になることが、値段が高いということ。



お野菜も無農薬や有機野菜となると。。。



でもね、味のしっかりしたお野菜を使うと余計な調味料は必要なくなるのです。



シンプルな味付けで大丈夫



一つだけを考えると高いと思うけれど、食品だけでなく身の回りの日用品などにも関連してくるのです。



食事を変えればカラダから出る脂も変化してくるので石鹸、洗剤、化粧品などもシンプルなものでよくなるし量も少なくてすむ。



洗剤もいろいろ用途別に売られているけど、そんなもの必要なくなるのです。



アロマなど使いながらできるし



カラダが変化していけば体調もよくなるので病気にもならなくなるから医療費や薬代もかからない。



ドラッグストアでちょこちょこ買っているものもほとんど必要なくなります。



食生活といってもすべての暮らしに関わるものにも関連してくるのですべて変わっていきます。



食生活を変えると自然と性格にも変化がでてくるのです。



なわけで、これからまたしばらく食生活について書いて行こうと思っているのでお楽しみに☆



ご希望があればそんな講座もやってみようかなぁと思ってます。

PISTIA(ピスティア)


新しい価値観やライフスタイルを創造する、大人の女性のためのトータル・ビューティメディア「PISTIA(ピスティア)」というサイトがあって、Webだけでなくフリーマガジンも出しているところです。



今マクロビの特集がUPされているんだけど、VOL.01では私が通っていた『WHOLE FOODS STUDIO』の先生が監修者でした。





『ニュー・ベーシック・マクロビオティック』







今回UPされたVOL.02では私が紹介した『Cooking Eating Studio』の写真作家、装丁家でもある林恵子さんが監修されています。



以前このCESのクラスへ申し込みしたんだけど、なぜか私は時間を勘違いしててStudioへ着いたときにはもう終わるころだったのでクラスへは参加できなかったのです(笑)。



ちょうどこの記事でUPされているホムスというディップを作る回だったのでおみあげにいただきました。



CESはマクロビというわけではない型にはまらなず、



自然の溢れる環境の中、

四季の移り変わりにふれながら、

おいしく、バランスよく食べ、

いいコミュニケーションの生まれる場にしたいですね。



地産地消、スローフード、食育、食養生(ダイェット)、ナチュラルフーズなど、

現在の食環境についても、考え、

また、sustainability(持続可能な)な世界についても、食卓から考える、

皆で好奇心を持って、作る教室です。




というStudioで、私の考えととても合うところが多く興味を持ったのです。



女性向けのクラスは不定期でいろ~んなお料理のワークショップを開催しているのでチェックしてみてくださいね☆

調味料その2


前に調味料のご紹介を少しさえていただいたのですが、玄米ライスサラダのレシピを書いてあとから気づいたのですが、みなさんが普通に使っている材料や調味料じゃだめなんだったと気づきました。



なので、またご紹介させていただきます。



今回のレシピには入っていないけど、ちかじかスイーツのレシピもご紹介しようとおもっているのでそのときにでてくるもので甘味料。



白いお砂糖がだめなんだけど、なんでよくないのか?



さとうきびというのはもともとベージュ色だよね。



それが白いお砂糖になっているというのがおかしいのです。



白くするために漂白剤を使用しているのです。



ってことはその漂白剤を食べてるってこと。



だったらそれに変わるものというのは



【有機JAS】オーガニック・メイプルシロップ







オーサワの玄米水飴(for マクロビオティック)







ホクレンてんさい糖750g







甜菜糖 500g







などがあります。



メイプルシロップはみんな知ってると思うけど、てんさい糖というのはビーツというムラサキ色の野菜というかたまに何かに入ってたりするやつから作られたもの。



玄米飴は、どろ~っとした水あめみたいなやつ。



普通のスーパーじゃないと思うけど自然食のお店へ行けばすぐみつかります。



白いお砂糖じゃなきゃ三温糖や黒糖ならいいの?と。



まだ黒糖がうちにあるので私はまだ黒糖使ってますが、さとうきびから作られているのでカラダを冷やしてしまうものだからあまりよくないみたいです。



その他の調味料



紅玉梅酢200ml【オーサワジャパン】







スペクトラム・バルサミコ酢 4年もの









オリーブオイルはたくさん種類があるしお値段もいろいろ



この辺がお手ごろかなぁ~???



《アルチェネロ》オーガニックエキストラバージンオリーブオイル【250ml】







美濃 有機玄米酢 [内堀] 360ml







ちなみにレーズンもワックスなど使われているので自然食品のお店でね☆



有機JASレーズン120g







QAIオーガニック認定原料使用松 の 実 55g







次回からレシピに使用したている調味料なども掲載することにしまーす!



一度に全部調味料を変えるなんてことはできないと思うので、おうちにあるものがなくなって買うときにちょっと思い出して自然食品のお店へ足を運んでみてくださいね。



なかなかおうちの近くになかったりする場合にはネットでまとめて買ってもいいし。



思いものとかが多いからまとめて買っちゃっても保存のきくものだから大丈夫です☆

マクロビ


マクロビのお教室へ通っているんだけど、

まだはまっていないのであまりblogで紹介はしていないんだよね。



以前にちょこっとどんなものを作ったのかは紹介したけど。



もちろん考え方やお料理食べた後のココロもカラダも整う感じがするので

多くの人に知ってもらいたいってのはあるんだけど、

だれにでもすぐに実践できるものではないのです。



お買い物するのも自然食品のお店になるので安売りとかはないし、

調理器具、調理法というものも違ってくるし調味料もまったく違う。



お野菜は無農薬、減農薬のもの。



乳製品はとらない。←以前に書いた『食生活を変える』を参照



調理器具はテフロンやアルミ、環境ホルモンがでるものなど使用しない。



味付けはシンプルにして素材の味を活かすので、香辛料なども使用しない。



それぞれ陰と陽の食べ物があって、そのときのその人の体調次第で調整したりとちと慣れるまでは難しい。



きっと生まれてからずっと食べてきていたものが添加物などいっぱい入っててその味に慣れてしまっているので、それらの入っていないものを食べるとまずく感じる。



普通に加工されて買っていたもの、小麦粉、コーヒーや紅茶、お茶や調味料なども原料がどうやって栽培されたかというところまで考えたことはないよね?



そこにもこだわらないと農薬を使用したものだったりする。



白いお砂糖がなんでよくないか?



お砂糖というのは砂糖キビからできてるんだけどもとはベージュというか茶色っぽいのに白くなってる。



それには漂白されたりいろんな加工がされているから。



漂白するには薬品を使っているよね。



小麦粉も同じこと。



こうやってどうやって作られたのか?原料は?と考えていくとおかしな食品がいっぱいある。



もう少し詳しくなったらマクロビのこともっと書いて行こうと思いますが、興味ある方はいくつか本をご紹介しますね。





『Organic Base マクロビオティックと暮らす』







『マクロビオティックのお買いもの』







『THE マクロビオティック』







『かんたん、おいしい! マクロビオティックはじめてレシピ』







こちらのページではもっと本をご紹介しています。

カラダは正直、お料理にもでる


先日あるチェーン店であるものを食べたのですが、普通に食べてしまったら食べ終わったら胃痛が。。。



やっぱりもう素材にこだわってないお店はダメだ。



こんなにすぐに出るなんて。



しばらくして治まったので大丈夫だと思ったんだけど、次の日はなんだか朝から背中に変な痛みが。



ちょうどその日は整体でした。



背中のここが痛いんだけど、というと”ああ”とすぐになんだかわかられて。



骨盤もずれてるし背骨もまた曲がってました。



最近抱えてる問題はわかっているので、カラダにでてるのも知ってるんだけど、食べ物でこんなにダイレクトにすぐに出るなんて。



胸椎の10、11、12番というのは胃の神経が通ってるところらしく、胃の調子が悪ければここが曲がるし痛みも出るんだって。



で、こんな状態のカラダでお料理をするとこれまた上手くいかないことがわかりました。



お料理ってもともとのセンスがあるけど、カラダと同じくその人が現れるものなので気持ちが乱れているとそれがそのままお料理にでるんだよね。



この日は、どれも納得の行かない出来になってしまったよ。



こんなときはカラダにやさしい食べ物にしないとだよねぇ~♪



最近は、マクロビのお教室へ行っているんだけどいままで自己流でやってたなんちゃってマクロビはぜんぜん違うものだったんだぁと。



農薬使ってるお野菜やらどんな育てられ方したのかわからないお肉とか添加物のはいった調味料とかを使わなくなったというだけだったのでマクロビしてるとは言わなかったけど、野菜の切り方、使い方、調理法や味付けなどがポイントで知らなかったことが多い。



マクロビって食事法だけではなくもっと大きくとらえるもので、ヨガ的な考え方なども入ってくる。



陰と陽を考えながらというか感じながら自分のカラダのバランスをとっていくものなので、そこをカラダで感じて自分で料理をしていくことがポイントなのかなぁと。



それには、いろんな食材と仲良くなり会話をし自分のカラダの声を聞きながら経験をつむしかないね。



お教室で食事をしたあと帰り道は、カラダもココロも整うということをとても感じることができるんだよね。



この日の帰り道にメールする人には必ずそのことを書いてる気がする。



お野菜のエネルギーをまるごといただくということで皮はむかず(もちろん無農薬のもの)、調理道具も昔からある素材のものを使うのでテフロンとか電子レンジなど使いません。



といっても、うちはオール電化なのでガス使えないし時間がないので圧力鍋でゴハンを炊いたりできないから炊飯器使ったりしてるけどお味噌汁の作り方などできるところから取り入れてます。



ウォーターソテーとか重ね煮とかがポイント。



不思議とこれらをきちんとやるとお野菜の甘みというのが引き出されるので、甘みを加えなくても大丈夫なのです。



ちょっとどんなものを作ったのかご紹介しまーす!



ゴハンと味噌汁





・玄米を土鍋と圧力鍋で炊き比べたもの

・お味噌汁もLight(陰性の性質が強い素材を使って調理時間を短く調味料も少なめ)とStrong(陽性の性質が強い素材を使って調理時間を長くししっかり味付け)の二種類。



おだしは、昆布やしいたけ、ワカメでとる。

お味噌は豆、米、麦などのもので天然醸造、無添加のものを使用。



お野菜





・蒸し野菜(胡麻やピーナッツ、梅などを使ったドレッシング)

・スープ(ウォーターソテーで甘みを出す)

・甘いお野菜の煮しめ(少な目のお水でじっくり煮込む、味付けはお塩とお醤油のみ)

・サツマイモの二色蒸し団子



お野菜自体陰性と陽性があるんだけど、調理法、調理時間、味付けの濃さ、いっしょに調理するものの組み合わせでもその陰陽が変化する。

お野菜は旬のものを使うのが基本。

デザートの甘みは玄米米飴というものでつける。



お豆料理





・小豆かぼちゃ

・キドニービーンズのシチュー(味噌味)

・大豆マヨネーズ

・レンズ豆のおはぎ



お豆料理というと、スープにいれるか煮豆くらいしか思い浮かばないんだけどいろんな使い方があるんだなぁ~と。

レンズ豆のおはぎは、もち米のかわりに玄米、あんの甘みはドライフルーツ3種類で。



海草





・あらめと野菜の煮物

・ワカメと麩の胡麻風味

・ひじきと豆腐の点心(胡麻味噌だれ)



点心の皮は全粒粉に熱湯と塩を加え一晩ねかす。

どれも初めて食べたものだったけど、とても自然の甘みがあっておいしかった。



まだおうちでマクロビデーしたことないので、ちかじかやってみよぉ~っと!

でも、これって普通の食事している人が食べたらおいしいって思えるのかなぁ~???



育ってきた食生活の影響というのは大きいからねぇ~。